シャクナゲの花酵母

シャクナゲの花酵母を使った日本酒の特徴

バナナのように甘くフルーティーな香りとしっかりした味わいが特長。


●生酛 純米大吟醸 雄町 税込2,111

シャクナゲ(石南花)ってどんな花?


花酵母の日本酒に使われる花 シャクナゲ

シャクナゲの花の特徴

シャクナゲは、大きく豪華な花びらをつけることから「花木の女王」と呼ばれています。また、元々は高山の奥地にしか自生しておらず、その生息環境からなかなか目にすることができないことと、その美しい花から、手の届かない存在を表す「高嶺の花」といえばシャクナゲを指すといわれています。

シャクナゲの花言葉 威厳・荘厳(そうげん)

威厳とは、「近寄りがたい程堂々としている」という意味で、荘厳とは、「重々しさがあり立派」という意味です。その他のシャクナゲの花言葉には、「警戒」や「危険」という花言葉も持ち、使い方次第では褒め言葉になる場合もありますが、余程、理由をこじつけないと悪い意味にとらえられてしまうので注意しましょう。

シャクナゲの花の日 誕生花

2月20日、5月8日、8月2日