ゲッカビジンの花酵母

ゲッカビジンの花酵母を使った日本酒の特徴

華やかなながら主張しすぎない香りと、キリッと引き締まったした酸味が特徴。


ゲッカビジン(月下美人)ってどんな花?

花酵母の日本酒に使われる花 月火美人

ゲッカビジンの花の特徴

花名の月下美人は、この花が夜に咲き始め、翌朝までにしぼんでしまうことに由来します。つぼみは開花直前になると上を向いて膨らみます。夕方に芳香を漂わせはじめ、重なりあった白い花びらがゆっくりと開きはじめます。また、強い香りを放つことで知られています。

ゲッカビジンの花言葉 あでやかな美人・はかない美・はかない恋・秘めた情熱・強い意志

下向きに付いたつぼみが徐々に立ち上がっていき、開花当日は、直径20~25cmほどの大きさの白い花を咲かせ、よい香りをあたり一面に漂わせます。この花の姿が、華やかで、女性らしい雰囲気を持っていることから、「あでやかな美人」という花言葉が付けられました。

また、この花の寿命は1日と短命。「はかない恋」「はかない美」とは、この花の美しさと、すぐに枯れてしまう儚さからきています。「美しい女声は寿命が短い、または病弱」という意味の「美人薄命」の語源にもなったといわれています。

ゲッカビジンの花の日 誕生花

7月19日、8月23日、10月29日